【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラム ストレス 原因

精神的ストレスによる不眠

精神的ストレスによっても不眠に悩まされますね。
ストレスが過度にあったり不安にさいなまれていたりすると、血圧が上がって心臓がドキドキしたりします。これは交感神経が優位優になっている為です。
ストレスは心身に大きな影響を及ぼし、この状態ではなかなか眠りにつくことが出来ません。

 

 

眠りが浅かったり、夜中に目が覚めるなど、不眠症の多くはストレスが大きな原因とも言えます。これを精神生理性不眠症と言われており、一過性のものと持続性のものとがあります。(持続性のあるものは神経性不眠症とも言います。)

 

 

神経質の人に慢性的な不安や精神緊張が加わって起こると言われていおり、こうしたものは本人がはっきり自覚することがない事も多く、むしろ身体的緊張が高まり、落ち着きがないなどの症状として表れて不眠を起こします。
ですが、不眠症の多くの人は、こうした不眠の原因は体質のせいだと考えてしまいがちです。

 

 

また、いつもの寝室に行くと、今日も眠れないのではないかと心配するようになり、寝室や使っている枕などが条件反射的に結びついてしまうことも不眠の原因の一つです。
通常、このような不眠症と言われるものの多くが精神生理性不眠症です。

 

 

そして、一過性のものであれば、ストレスや不安、緊張などの感情によって引き起こされるので、その原因となることがはっきりしており、それを取り除いたり、慣れたりすれば不眠の症状も解消していきますが、1か月以上も不眠が続くようなら、持続性精神生理性不眠症と言え改善するのが難しくなってきます。

 

 

誰しも、憂鬱になったり、怒ったり、不安になったりネガティブな心の状態を経験したことがあると思います。逆に、幸せ、前向き、喜び、といったポジティブな気持ちで心がいっぱいにな ったこともあるでしょう。
このように人間の行為は、すべて心の在り方によって決まります。

したがって、この【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムでは、メンタルトレーニング編もあり、状況に応じて思いどおりの感情を持てるように、自分の心をコントロールする方法を身につけることが出来ます。
 

慢性的な不眠症が、わずか42日で改善した治療法!

 

            【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの」詳細を見てみる

 

 

関連ページ

ライフスタイルの乱れからくる不眠
稲葉敦志さんの、薬を使わずにあらゆるタイプの不眠症も身体の芯から快眠体質へ変える【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの対策や治し方、原因などをお伝えしています。
病気が原因の不眠
稲葉敦志さんの、薬を使わずにあらゆるタイプの不眠症も身体の芯から快眠体質へ変える【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの対策や治し方、原因などをお伝えしています。
 
実践者の声 不眠症の原因 不眠症の治療 リンク集