【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラム 原因 対策 治し方

ライフスタイルの乱れからくる不眠

質の良い睡眠はライフスタイルにも大きく左右されますね。
騒音や室内の照明の度合い、温度、湿度などによっても、なかなか寝つかれなかったりする原因にもなります。

 

 

このように睡眠はそれを取り巻く環境によっても眠りが浅くなったり、すぐに目が覚めてしまうなど、大きく影響されます。また、眠れないと寝酒と称して、適度なアルコールも精神的緊張をほぐして入眠を促しますが、大量に摂取すると睡眠の質を低下させことにもなりますので注意が必要でしょう。

 

 

また、昼寝など短時間の睡眠は効果的ですが、夕方近くになってから昼寝をしてしまうと、寝つきが悪くなる原因にもなります。

 

 

人間は、太陽が上がっている明るい昼間の間は活動し、日が沈んで暗くなると眠って休息をする生活習慣を繰り返してきましたが、現代社会では、昼と夜関係なしに生活するなど、これまでの生活リズムが変化をし、不眠に悩む人が急増しています。

 

 

普通、人間は夜になると眠くなりますが、これは体内に眠くなるという生体リズムが備わっているからです。心臓の鼓動や呼吸、体温の変化など,、数多くの整体リズムが組み込まれており、睡眠や覚醒もその中の一つなんですね。

 

 

また、朝になると目が覚めるのは人をはじめ、生物が持っている体内時計によってはかっているから他ありません。
そして、体内時計でも良く知られているのが、1日単位の概日リズムです。これはおり、体内時計によって調節されており、1日は24時間ですが、人間の体内時計は25時間ベースとなっており、約1時間のズレがあります。

 

 

通常は、これは脳が24時間の体外リズムに合わせて生活できるように体内時計で調節しています。
ですが、高度に発達した現代社会では、昼夜関係なく活動し、昼と夜が逆転した生活を送るなどしている人も少なくありません。

 

 

ですが、そのような生活を送っていると、体内の生活リズムが徐々に乱れて、体内時計が生活時間と合わせることが出来なくなり、睡眠障害を引き起こしてしまいます。
特に、最近多く見られるのが、睡眠相後退症候群という睡眠や覚醒の障害です。

 

 

これは簡単に言うと、夜になかなか眠れずに、朝に起きられない症状です。体内時計が狂ってしまう為に、就寝時間と覚醒時間が著しく遅れることで、朝起きられずに学校や会社に遅刻するなど、深刻な問題を引き起こしてしまいます。

 

 

なお、もしあなたが、心身ともに健康なのに眠れていないとしたら、睡眠環境があなたに合っていないだけなのかもしれません。ベッド、布団、枕、カーテン、照明など、睡眠環境を見直してみると良いでしょう。

 

 

500名以上ものあらゆる不眠症を改善した実績のある治療法!

 

            【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの」詳細を見てみる

 

 

関連ページ

精神的ストレスによる不眠
稲葉敦志さんの、薬を使わずにあらゆるタイプの不眠症も身体の芯から快眠体質へ変える【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの対策や治し方、原因などをお伝えしています。
病気が原因の不眠
稲葉敦志さんの、薬を使わずにあらゆるタイプの不眠症も身体の芯から快眠体質へ変える【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの対策や治し方、原因などをお伝えしています。
 
実践者の声 不眠症の原因 不眠症の治療 リンク集