【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラム 対策 治し方

病気が原因の不眠

不眠は、躁うつ病や神経症、精神分裂病等の病気でも眠れない原因になります。
うつ病は、眠りが浅く熟睡できずに夜中に起きたりするなど、早くに目が覚めて朝までベッドの中でもやもやと考えこんで、不安や絶望的な気持ち陥ってしまったり、 気分が著しく高揚した躁状態が強い時は一晩中眠れなくなることも少なくありません。

 

 

また、神経症は職場や家庭内での精神的な原因により、極度の緊張や不安が生じて不眠になりやすくなります。
一般的に言われるノイローゼなどもこれに含まれます。

 

 

精神分裂病は、比較的に思春期から青年期に多く発生し、感情や思考、人格等に障害が生じる病気で、被害妄想や幻聴などが現れて、生活が乱れて不規則になることで夜に眠れなくなります。

 

 

これらの精神疾患の他にも、脳の血管が詰まって起こる病気である脳梗塞や脳出血、パーキンソン病、痴呆症などの脳に障害が起きる病気も不眠と関係しています。

 

 

更に、呼吸困難を睡眠中に起こす喘息や閉塞性肺疾患、リウマチ、アレルギーなどの痒みや痛みなどの症状を伴う病気も眠りを妨げる為、不眠症を招きます。
また、喘息等の病気に使われるステロイド剤、降圧薬、甲状腺製剤などの病気の治療に使われる薬剤が不眠を生じさせることがあります。

 

 

睡眠は個人差が大き良いものですが、要は当事者本人が満足して、日中に正常な活動が出来ていれば不眠症とは言えません。ですが睡眠時間に関わらず、眠りに不満や苦痛を感じているようなら、何らかの対処をする必要があります。
まずは、不眠の原因をはっきりさせることが必要になり、自分で良くわからないで眠れない状態が続いているようなら、病院で一度診てもらい、何らかの病気が隠れていないか調べてもらうことも大切でしょう。

 

 

500名以上もの不眠症を改善した実績のある治療法!

 

            【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの」詳細を見てみる

 

 

関連ページ

精神的ストレスによる不眠
稲葉敦志さんの、薬を使わずにあらゆるタイプの不眠症も身体の芯から快眠体質へ変える【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの対策や治し方、原因などをお伝えしています。
ライフスタイルの乱れからくる不眠
稲葉敦志さんの、薬を使わずにあらゆるタイプの不眠症も身体の芯から快眠体質へ変える【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの対策や治し方、原因などをお伝えしています。
 
実践者の声 不眠症の原因 不眠症の治療 リンク集