【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラム 睡眠薬 治療

睡眠薬による治療

不眠症の治療で使われる睡眠薬には様々な種類がありますね。
最初に睡眠薬として開発されたのは、バルビツール系酸系睡眠薬でしたが、現在、主に使われる睡眠薬には、ベンゾジアゼビン系で、以前の薬に比べて副作用が比較的少なく、自然に近い睡眠を促すことや、脳幹部に対して作用が弱い事から、長期服用しても依存や耐性が生じにくく禁断症状が軽いなどの特徴があり、安全性が高くなっています。

 

 

そして、ベンゾジアゼビン系睡眠薬にも、色々な種類がありますが、使用する際に一番大切なのが、作用する持続時間です。

 

 

薬が体内で分解され排泄される速さは、血液中で最高濃度に達し、そこから半分になるまでに時間で表され、これを半減期と言い、この時間の長さが、睡眠薬の作用持続時間を知る目安になり、超短時間、短時間、中等時間、長時間の4つに分けられ、症状によって使い分けられます。

 

 

例えば、睡眠途中で目が覚めて、なかなか寝つけなかったりする場合は、中等時間か長時間作用型が適していますし、夜、寝つきが悪いだけで、いったん眠りに入れば朝まで起きることがないようなら、超短時間か短時間作用型が適しているでしょう。

 

 

このように睡眠薬の治療は、確かに眠れない人にとっては有効ですが、あくまで不眠症の補助的役割をする対症療法的なもので、いくら安全性が高いという薬だからと言って、副作用が全くないという訳ではありません。
睡眠薬で不眠症が改善されていても、使用をやめると以前にも増して強い不眠い悩まされるという事もあります。
これを反跳性不眠といい、作用持続時間の短い薬ほど表れやすいと言われています。

 

 

また、上手に睡眠薬を止めるには、1回の服用量をゆっくり減らして行く漸減法と、服用する間隔も1日おき、2日おきというように間引いていく隔日法があり、一般的には漸減法で薬の量を減らして行き、それから薬を使用する間隔を空けていく隔日法を行って行きます。
なお、睡眠薬を止めるにしても、自分で勝手に判断せずに、医師の指示に従って行うことが大切です。

 

 

500名以上もの不眠症を改善した実績のある治療法!

 

            【U.S.P】稲葉式不眠症改善プログラムの」詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 不眠症の原因 不眠症の治療 リンク集